ニュース

2016年4月 プラテックス大阪2016に出展いたします

ペットボトルから生まれた合成木材「エステルッド」のご紹介

 インテックス大阪 期間:4月20日(木)~4月23日(土)

 小間番号:M28

2013年6月 本社工場を移転しました

2013年5月 日刊工業新聞に当社のPETボトルリサイクルの記事が掲載されました

                                  詳細は→こちら

私たちコスモ化成の取り組み


PETリサイクルを推進しています

私どもコスモ化成は、永年培った押出成形技術・金型技術と、近年開発した樹脂変性改質技術(リアクティブプロセッシング技術)を組み合わせ、世界で初めて再生PETフレークからダイレクトに厚物発泡押出品を成形することに成功いたしました。


再生PET発泡品は軽く、木のような風合いを持ち、木材と同様に二次加工が可能で、腐らず水にも強いことから業務用の生鮮什器などに採用が始まっております。また今後はデッキ材やベンチなどのエクステリアへの展開も模索されています。


近年大量に廃棄される使用済みPETボトルは、卵パックなどのシート成型品、カーペットや衣類などの繊維等にリサイクルされていますが、これら用途だけでは需要が頭打ちとなっており、回収されたPETボトルの大半は中国をはじめとする他国への輸出へ依存しているのが実情です。経済・政治情勢が目まぐるしく変化していくなか、プラスチック製品製造業に関わる身として国内完結型のリサイクルに重心を移していくことが緊急な課題であると考えております。そこでプラスチック製品製造業を含めて様々な業種との連携を求めています。

プラスチック成形加工メーカー様へ

既存の異形押出設備やTダイシート設備で再生PET発泡品や発泡シートの成形が容易に行えます。発泡・改質用のマスターバッチ提供から技術導入までお手伝いいたしますのでお気軽にお声掛けください

PETボトルを利用されてる事業者様へ

自社ルートで回収された使用済みPETボトルを流通用のパレットや、POP用の資材等に有効利用されませんか?何なりとご相談ください

地方自治体様へ

市町村で回収したPETボトルを学校や公園で利用するベンチやバーゴラ、すのこなどに再生させませんか?天然木と違い腐食や退色がありませんので長期に渡り使用できます。

技術開発コンセプト

私たちのモットーはプラスチック資源の付加価値型の再活用です。プラスチック業界では古くから再生樹脂市場があり、バージン原料に比べて品質は劣るものの価格的に安いという側面からで、その原料ソースは大半が工場からでる廃材やロスといったもので比較的単質なものです。しかしながら、容器包装リサイクル法が施行されてからは、いったん消費者に渡り使用済みとなったものが分別回収されてくるため、異樹脂の混入、物性劣化といった問題に起因してそれを補うための改質コストや再成形するためのリペレット化コスト等がかさむといった結果、再生製品がコスト高となり普及しないというジレンマとの戦いでした。
 

そこで当社の行き着くにあたった技術開発コンセプトは、①異樹脂の混入を想定した総合的かつ要求性能に叶う必要最低限の改質ならびにリペレットにかかるコスト・エネルギーを省きコスト優位性を維持すること、②発泡成形により付加価値を創生すること、に主眼をおいています。


お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ先:☎ 072-956-1151
メールでのお問い合わせは
こちら

地図/アクセス

所在地

〒583-0841
大阪府羽曳野市駒ヶ谷39-3

アクセス方法

■電車でお越しの場合
 最寄駅:近鉄南大阪線駒ヶ谷駅
                     より徒歩約5分
■お車でお越しの場合
 西名阪自動車道 藤井寺ICより

      6km、約15分

 西名阪自動車道 柏原ICより

      3km、約8分

個人情報保護方針

免責事項

当サイトならびにリンクサイトのご利

用・ご閲覧につき、何らかのトラブル

や損失・損害等が発生しましても弊社

は一切の責任を負わないものといたし

ます。

関連サイト

Powered by Flips
編 集